フィリピンの人材派遣 MBC

事業概要

MBC Human Resources Development Corporation社 (MBC社)
私共は 日本の 技能実習生制度(TITP)に準拠し、優れた日本語能力を持ち、
各分野で優秀な技量を持った、フィリピン人技能実習生を日本へ送り出しております。

MBC Human Resources Development Corporation (以下MBC社と言う)は、2002年6月1日に設立されたフィリピン人労働者の海外への送り出し機関です。フィリピンのPOEA(Philippine Overseas Employment Administration・フィリピン海外雇用庁)から正式に認可されております。POEAからの、認証番号POEA-085-LB-040618-R.です。正式にはフィリピンでは送出し機関のことをRecruitment Agencyと呼びます。そもそもRecruitment Agencyは、フィリピン海外雇用庁(POEA)に許可を受け海外向け労働者の求人活動及び送出しの手配をすることを許された私企業です。
MBC社はパートナーでもあり、親会社でもあるIndustrial Maintenance International Limited(IMI)社に対して、これまでフィリピン人技能労働者を多くの国々へ送り出して来ました。MBC社は全ての顧客に対して、多くの種類の有資格者の提供、と、優れたなサービスを提供して来ており、国際企業の間で大変良い評判を得ることが出来ました。
日本に関しては これまでの、この様な弊社の実績を日本の産業界へ還元する為 2017年に、日比間の技能実習制度(Technical Intern Training Program (TITP))に参画し フィリピン人の技術的なスキルアップに貢献、実習生の送り出しを開始しました。

2017年3月に初めて、日本の監理団体(受け入れ期間)との間での技能実習生制度の下に契約を結びました。日本から監理団体様、及び採用頂く企業の方が弊社を訪問され、最終的なインタビューを行い、第一陣として、、適格な研修生を選出され送り出すことが出来ました。

実習生の教育に関しては、TSDA (Technical Education and Skills Development authority(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)からの認定されている日本人学校 Industrial Maintenance International Training Center, Inc., Japanese Language School と提携しております。
校舎は、マニラ市とタギグ市との2ヶ所にあり、一度に400名の生徒を収容能力する事が出来ます。この日本語学校では、資格を持った優秀な教師を多数採用しており、日本語のみならず、日本の文化・習慣・職業倫理等の教育しております。MBC社は2018年7月の時点で、既に耕種農業、金属加工、溶接、機械加工等の分野で600名の実習生を16の都道府県へ送り出しております。

What's NEW

MBC社の海外プロジェクト